電界強度とクーロン力

電界と電界強度

電界


 空間に、距離 d[m]離れた2つの物体があるとします。片方の物体は、V1[V]の電圧ポテンシャル、もう片方の物体は、V2[V]の電圧ポテンシャルだったとします。


 2つの物体に電位差はあるとき、その物体の間には目に見えない力(引力 または 斥力)が存在する場所が存在します。これを電界(または電場)と呼びます。


電界強度の定義


 電界の強さ E[V/m](電界強度)は、次の式で定義されます。


電界強度 E =(2つの物体間の電位差)÷(2つの物体間の距離)=(V1 - V2)÷ d

クーロン力

電界のある場所で物体が受ける力


 静電気の帯電量(電荷) q[C]の物体を、電界強度 E[V/m]の空間に置くと、その物体が受ける力 F[N](クーロン力)は、以下の式で示されます。


物体が受ける力 F = qE


 クーロン力(F)は電界強度(E)に比例(F=qE)しますので、電界の中に物体があり、その電界強度が強くなれば、そこに発生するクーロン力も大きくなります。

Copyright(c) Dr. Nebiya's Human Body Laboratory All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system